リクルートとは

 

求人&転職情報サイトの はたらいく。 運営している会社は、リクルートです。

リクルートは、沢山の事業を展開しています。
大まかにわけると、情報サービス事業・人材総合サービス事業の二つになるとか。

就職情報以外にも、幹事さん必見のお店情報、コンカツ情報誌等も、リクルートが手がけています。
リクルートの創業当時の社名は「大学新聞広告社」でした。
1960年に創業し、その社名からも分かるように、大学新聞に載せる広告の代理店でした。
その後、大学生の就職を応援する情報誌を作ったりして、有名に。

「リクルート」といえば、会社の名前。
日本では、そう思う方も多いでしょう。
しかし、もともとはどんな意味だか、本当の日本語訳は何なのか。
皆さんは、ご存知でしょうか?

リクルート。
もともと「軍隊に入隊する」という意味。そこから転じた言葉だとか。
その後は、軍隊ではなく、何かの組織や団体に加入すること。
新規に加入するということをさすようになったのだそうです。

日本では「企業に入社する」とか「学生が就職活動をする」という意味に。
就職活動を、一時期「リクルートする」と学生が言っていた時代がありました。
ある年齢層の方は、今でも「シューカツ」ではなく「リクルートする」
と言う言葉を使ったり、シューカツよりも馴染みがあるのではないでしょうか?
今でも、リクルートスーツと、就職活動で着るスーツ上下をさしていますよね。
近年では、シューカツスーツという呼び方もしているようですが。

その由来は、やはりこの会社。
日本のリクルート社が、求人情報誌を発行していたことによるのでしょうね。

「まだ、ここにない、出会い」
それが、リクルートの理念。
今ある貴方が一歩踏み出すと、新しい出会いがある。
会社、永遠のパートナー、美味しいお店等。
貴方と何かを導く、それがリクルートのおシゴト内容なのです。

リクルートのはたらいく